尾形 明人

AKIHITO
OGATA

プランニング職コース
ストラテジックプランニングディレクター

企業や団体と世の中との接点を設計していく

ストラテジック(戦略)プランニングの領域でプランニングディレクターをしています。企業や団体が世の中とどのようにコミュニケーションを取っていくべきか、川上から、その大枠となる方向性を決めることが主な職務です。企画の初期から入り戦略を練っていくのがオーソドックスな仕事の進め方ですが、アウトプットであるクリエイティブや具体的な施策が先に決まっている案件に途中からアサインされる場合も。その都度、逆算でロジックを考え、そのコミュニケーションやアイデアの強さを証明していくことも、大切な役割だと思っています。

ゼロベースからヒット商品を生み出す達成感

個人の仕事としては、伊藤園の緑茶飲料「新緑」の案件が特に印象に残っています。最初にご相談いただいた時には、製品自体はほぼ完成していたものの、商品名やパッケージ、さらには購買ターゲットも決まっていないタイミング。その段階からの企画やマーケティング戦略などをお手伝いさせていただき、結果として商品のヒットにもつながったことは、自身としても大きな達成感を感じられました。広告という領域に縛られず、幅広いフィールドで仕事ができる可能性があることも、東急エージェンシーならではの魅力と言えるでしょう。

生活者目線を捉えることと、共有認識化できることは別

コミュニケーション戦略を川上から担当する上で一番悩むのは、クライアント(クライアントと一言で言っても、実際は広告宣伝部、事業部、販売促進部、広報部などさまざまな部署の方が関係してきます)や社内外のスタッフなど、関係各所の意向がさまざまなレイヤーで混在する中で、プロジェクト全体の方向性などの最適解を導き出すことと、その考え方を関係者に“うまく”伝えることです。“生活者などのコミュニケーションの受け手の目線”に立ち返ることが何よりも重要ですが、やっとのことでそれを捉えることはできても、それをわかりやすく言語化できるか、そして関係各所に共通認識として共有できるかどうかはまた別の話。クライアントの担当者および、その先にいる別の部署の方々や、社内外のチームメンバーに対してどのように伝えるべきか、それも一つのクリエイティブと言えるかもしれません。

「作りたいという思いに溢れる人」とTAGを組みたい

戦略を担当するストラテジックプランナーと聞くと、創造するクリエイティブとは遠い位置にいるように感じる方も多いかもしれません。ですが私は、理屈抜きで何かを作りたいという思いに溢れる人、言い換えるならば「右脳的な志向性を持つ人」とこそ、どんどん仕事をしていきたいと思っています。なぜなら、私自身はその思いに対して、データやロジックなどで客観的な価値を与えて関係者の気持ちを動かし、実現させるための道筋を作ることができるから。むしろ、自分とは違う順番で物事を考える人や、実現に向けて課題を考えようとするのではなく、とにかく作ろうと突き進むような人とTAGを組むことこそ、刺激が生まれ、予期せぬ化学反応が起こると思っています。自分とは異なるクリエイティブ志向を持つ人と、これからTAGを組めることを楽しみにしています。

9:00

朝は必ず飲み物を買って出社。写真に並ぶ飲料のうちどれを買うかはその日の予定とテンションで決めています。

10:00

出社してからは余裕があるときは毎朝、業界系WEBサイトの巡回やSNSのトレンドをチェックしたりします。

11:00

オールスタッフでの打ち合わせ。複数人の議論が活発な打ち合わせはとても楽しいです。

12:30

クライアントと打ち合わせのため移動。広告を見るときは職業柄、難しく考えすぎないように(笑)、できるだけ生活者と同じ目線で、真っ白な気持ちで見るようにします。

16:00

昼とは別の部門の営業との打ち合わせ。複数の部門と打ち合わせが多い日はへとへとになりますが、帰宅中の電車での充実感や完全燃焼感は結構心地がいいものです(笑)