INTERVIEW

都竹 玲子

REIKO TSUZUKU

クリエイティブ職コース

コピーライター/プランナー

言葉が活躍できる領域は拡大している

クリエイティブの部署でコピーライターをしています。純粋にコピーを書く仕事も担当していますが、どちらかと言うと、TVCM、WEB動画、ポスター、OOH、デジタルなど、さまざまなジャンルの企画をする仕事が多いです。最近ではSNSでの反響まで踏まえてアイデアを考えることも増えていて、例えば、新聞広告やポスター広告をつくるにしても、実はコピーが回文になっていたり、行の頭文字だけを読むと別のメッセージが浮かび上がるなど、広告に触れたあと誰かに言いたくなるような、いい意味でツッコミどころのあるクリエイティブをつくっています。

自分ひとりの頭だけで考えない

バファリンルナiのTVCMを担当させてもらったときのこと。これまで自分があまり使用したことがない商品だったのですが、ターゲットの20代女性に対するインタビューを入念におこなったうえで、多くの案を出して、なんとかアイデアの種を探そうとチームで頑張りました。結果として、「その頭痛に、●●」のような頭痛薬のよくあるアプローチとは異なり、「私らしい毎日を実現させるのはバファリンルナi」というポジティブな表現をつくりだすことができました。評判は上々で、売上にも貢献できているようです。

広告で世の中をザワつかせたい

仕事で経験を積むにつれて、良いモノをつくって世の中をザワつかせたいという欲がどんどん高まっています。商品のことを知ってもらうための広告であるという枠を超え、世の中の問題を解決したり、新たな社会現象をつくったり、広告の可能性はまちがいなく広がっているし、自分もそれを牽引する存在になっていかねば!と考えています。

この職種に向いている人は…

このサイトを見て、応募を考えている時点で向いているかもしれません(笑)興味を持ったことに対してアクションを起こせるのは実はすごいことなので。日々の業務でも、仕事をただこなすのではなく、いろんな人に働きかけて、仕事をつくるアクションをしている人には結果的に面白い仕事が舞い込んでいる気がします。

WORKS

SCHEDULE

  • 9:30

    こくこくと紅茶を飲みつつ、さっそくコピーと企画を考えます。朝がいちばんはかどります。

  • 11:00

    制作していたポスターの色見本が届いたので、デザイナーさんと一緒にチェック。

  • 12:30

    キュ~トな後輩デザイナーともぐもぐランチ。クリエイティブ局は服の色がかぶる率がなぜか高い。

  • 15:00

    とっても尊敬してるクリエイティブディレクターに企画を見てもらいます。どきどき。

  • 20:30

    どらほー!仕事を切り上げて神宮球場で野球観戦。優待チケットを活用しまくっています。

  • 休日の過ごし方

    新宿御苑でごろごろ。レジャーシート持参で本を読んだり、散歩したり。

  • こんな学生でした

    学生時代は、名古屋の芸大で油画を描いていました。アトリエにこもり、半年かけて大作を描いたり。日本各地の美術館へ弾丸鑑賞に飛びまわったり。粘り強さやフットワークの軽さみたいなものは、この時に培われたのかもしれません。

MESSAGE

「こうしたい!」という意志さえあれば、道は拓けると思います。自分は何がしたいか、ぜひ悩んでみてください。実は私は新卒のときに東急エージェンシーとはご縁がなかったんです。でも、コピーライターにどうしてもなりたくて。なぜなりたいのか、どんな仕事をしたいのか、突き詰めながら、作品集をつくって、募集がないところにも電話をかけて、なんとか最初の会社に入ることができました。