INTERVIEW

扇 玲香

REIKA OHGI

内定者インタビュー

クリエイティブ

クリエイティブ職を選んだ理由

正直に言うと「広告が好き!クリエイティブってかっこいい!やりたい!」が就活のスタートでした。知識が無かったので、最初は広告業界のさまざまな企業・職種を研究しました。私はずっと、世の中を学ぶことと、自分のアイデアを表現することが好きでした。大学でも国際政治を学びながら、サークルで映像やラジオドラマを作っていました。世の中の課題に表現の力で働きかける広告の仕事は、私の「好き」とリンクしている。その中でメッセージ作りと表現に携われたら、私は「好き」を仕事にできる。やっぱり広告代理店のクリエイティブで働きたい!と思い、このコースに応募しました。

面接や選考で意識したこと

専攻は国際政治なのに、なぜ外資ではないのか。制作会社ではなく、なぜ広告会社のクリエイティブなのか。堂々と答えられるように、磐石な志望動機を用意しました。あとは実技試験が不安で、色々と対策しました。カフェのアルバイト中にお客さんの心理を分析しながら働いたり、SNSで見た海外の広告を訳してみたり。専門知識はなかったのですが、私なりの努力でをうまく乗り切れたと思います。

MESSAGE

「クリエイティブにこだわるな」と色んな人から言われました。私はダメな就活生なのかな?と何度も悩みました。でも、迷子になった時の支えはクリエイティブ職への強い憧れでした。たくさん内定をもらっても、行ける会社はただひとつ。こだわる就活も悪くないです。がんばってください!