INTERVIEW

尾形明人

AKIHITO OGATA

プランニング職コース

ストラテジックプランニング

あらゆる手段で価値を生み出すポジション

私はストラテジックプランナーという肩書きで仕事をしています。東急エージェンシーにおけるストラテジックプランナーの良さは、広告やストラテジー(戦略)というフィールドに限らず、広い視点と領域で、クライアントのビジネスに関わることができるところ。生活者の環境が目まぐるしく変わる現代において、範囲の狭い仕事では、自分自身の納得感をしっかりと得られないですし、価値の創出という意味でもなかなか難しいと思っています。幅広い領域で仕事ができることは、大変なことももちろんありますが、それ以上に得られることが多いと日々感じています。

クライアントとゼロベースで戦略を組み上げる醍醐味

伊藤園の「新緑」という緑茶飲料の新商品に関わらせていただいたのですが、最初にご相談いただいたのは、製品だけはほぼ完成していて、商品名もパッケージも、さらに購買ターゲットも決まっていないタイミング。まっさらな状態だったからこそ、広告の企画・制作という部分だけではなく、商品名の提案や購買ターゲットを想定したグループインタビューなど、広告という領域を超えた部分から並走することができました。通常、広告会社は開発や流通事情など、あまり細かい部分まで話を伺えないこともありますが、この時は様々な情報を共有していただき、製品に込められた熱い想いも共有していただきました。信頼してもらっているからこそ、いつも以上にがんばろうと思えて、結果大ヒットにつながったときは、ご担当者と同じ温度感で喜ぶことができました。

戦略からも、アイデアからも、
柔軟に発想する

ストラテジックプランナーは、企画の初期から入り戦略から考えていくのがオーソドックスな仕事の進め方であり、最も能力を発揮することができます。でも、直感的な戦略やクリエイティブが先に決まった案件に途中からアサインされることも多々あり、結果的にその方が強いコミュニケーションやアイデアが生まれることもあります。なので、逆算でロジックを考え、そのコミュニケーションやアイデアの強さを証明していくことも、実は大切な役割だと思います。自分だけのやりやすさ、やりにくさではなく、その案件にとってどのように進めることが最善なのか、ということはこれからも意識してやっていくつもりです。

この職種に向いている人は…

理屈っぽくもあり、感覚的でもある人。そして、その理屈や感覚を、自分の言葉で上手に伝えられる人がとても向いていると思います。こういうタイプは、インプットとアウトプットを自分の中で往復して、その試行錯誤の結果を人に説明ができるので強い。あとは、どんなことにでも好奇心を持てる人。なぜなら、どんな状況におかれても、様々な問題や課題をクライアント以上に深く考えるのに必要なのは、様々な分野に幅広く興味を持てることと、その興味の熱量だと思うからです。ですので、何かのヲタク気質があったり、人とは違った視点や領域で好奇心旺盛な人はこの職種にハマりやすい気がします。

WORKS

SCHEDULE

  • 9:00

    朝は必ず飲み物を買って出社。写真に並ぶ飲料のうちどれを買うかはその日の予定とテンションで決めています。

  • 10:00

    出社してからは余裕があるときは毎朝、業界系WEBサイトの巡回やSNSのトレンドをチェックしたりします。

  • 11:00

    オールスタッフでの打ち合わせ。複数人の議論が活発な打ち合わせはとても楽しいです。

  • 12:30

    クライアントと打ち合わせのため移動。広告を見るときは職業柄、難しく考えすぎないように(笑)、できるだけ生活者と同じ目線で、真っ白な気持ちで見るようにします。

  • 16:00

    昼とは別の部門の営業との打ち合わせ。複数の部門と打ち合わせが多い日はへとへとになりますが、帰宅中の電車での充実感や完全燃焼感は結構心地がいいものです(笑)

  • 休日の過ごし方

    休日は毎週必ずフットサルの練習か試合。区リーグの競技チームに所属して、この日だけは10歳くらい若い気持ちで、年齢をごまかしながら必死にやっています。

  • こんな学生でした

    学生時代は昭和のダメ学生みたいなノリで麻雀ばかりしていて、結構本気で競技系の麻雀プロを目指していました(笑) でも麻雀には仕事と共通した要素が非常に多く、色々と気づかされる要素があったりします。また、1ゲームが約1時間ほどの麻雀により、集中して何かを考え続ける持久力も培われたように思います。

MESSAGE

皆さんの心にある「何となく」という感覚も、大事にしてみてください。やりたいことや、やってみたいことは、常に言語化できるものとは限りません。はじめは抽象的な目標であっても、実際に働いてから、その目標をどんどん具体的にすればいいだけだと思います。ですので、できるだけ色々なことにチャレンジができそうだなと感じる会社を選ぶことも一つの選択肢ではないでしょうか。何かを「やってみたい」気持ちが強い方、一緒にやりましょう!